株式会社笠巻工務店

株式会社 笠巻工務店 | 創業1969年、さいたま市を中心に木造の新築・増改築・リフォームをおこなうプロ集団です。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

創業1969年、さいたま市を中心に木造の新築・増改築・リフォームをおこなうプロ集団です。

さいたま市で工務店にリフォームを依頼する場合、どのような種類のリフォームが考えられるでしょうか。さいたま市で工務店がよく行うリフォームの1つは、壁紙の変更になります。これは、さいたま市に限らず全国の工務店が得意とするところです。ただ実際には、工務店が行っているケースは少なく、下請け外車に依頼をします。昔ならば、さいたま市内の工務店が引き受けて、その工務店の従業員が壁紙の張り替えを行っていたケースがありました。しかし最近は、工務店は各業者の入り口になっているだけで、そこに属しているスタッフが壁紙を持ってきて張り替えるわけではありません。この点を理解しておくと、その仕組みも少しずつわかりやすくなります。リフォームをする場合でも、比較的お金がかかるものは耐震性のリフォームになります。耐震性は非常に重要となっており、特に建築基準法が改正される前の住宅の場合には、耐震性がもろい可能性もあります。そのため、大きな地震に備えて耐震性を強化しておくことが重要になるでしょう。具体的には、横揺れに強い住宅にすると同時に、縦揺れにも強い住宅にしておきたいところです。横揺れに関しては、壁の柱と柱の間に柱を横に入れることで強くなりますが、できればばってんのように柱を2本入れるとさらに強化されます。ただ、ツーバイフォーの住宅の場合には、もともと耐震性が高いためそこまで強化する必要はないかもしれません。縦揺れに強い住宅の場合には、柱と柱をつなぐ分を強化することが重要です。通常柱と柱は、釘などでつながっていますが、大きな縦揺れが発生するとこれが抜けてしまう恐れも否定できません。これを防ぐためには、釘等を増やすことが重要です。それと同時に、金具を設置することも大事になります。金具を設置する場合や釘を新たに打ち直す場合は、壁紙の1部を剥がして石膏ボードも取らなければいけません。そのため、予算は少しかかりますがそれでも2000000円ぐらいあればできるでしょう。
<関連情報:さいたま市 リフォーム 工務店