通訳案内士試験道場

通訳案内士試験道場(中国語・韓国語地理・歴史・一般常識)


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

通訳案内士試験道場は、通訳案内士試験に合格することを目標に、日本について広く深い知識をもち、さらに中国語・韓国語で日本を紹介できる人材を育成するために創られました。

通訳というのは高度なスキルになります。この通訳の専門家の資格試験があります。それが通訳案内士という資格試験です。この通訳案内士試験は、日本国内では難易度がかなり高いとされている司法試験や公認会計士にも匹敵するほど優れている国家資格試験です。ですが、残念なことに一般にはあまり知られていません。司法試験は弁護士や検事になるための資格試験なので認知度は高いです。また公認会計士も認知度が高い資格試験となります。しかし、通訳案内士の国会資格はそれほど認知度がありません。そのため、この資格試験を取扱っている書籍や予備校など少ないのが現状です。ただ外国人が来日する人数が年々増えてきていることもあり、通訳のニーズが徐々に高まってきています。それに伴って通訳案内士のニーズも高まってきています。この通訳案内士の仕事は、主に来日に来た外国人にツアーガイドを行うといったものです。日本に来た外国人を連れて、日本語ではなく英語で観光案内や通訳業務をしていきます。通訳案内士はあまり馴染みがなくても、通訳ガイドといった言葉は知っている方も多いかと思います。ですから、通訳案内士は馴染みのある通訳ガイドとして呼ばれることもあります。なお、通訳案内士試験は全国通訳案内士と地域通訳案内士の2つがあります。国家試験は前者の方となります。全国通訳案内士の資格試験に合格した者だけが、全国通訳案内士と名乗ることができるようになっています。2018年4月の時点においては、全国通訳案内士の登録者数は24298名に達しているとされています。ただしこの数はあくまで資格試験に合格して実際に登録した数になっていますので、資格試験に合格しただけで登録をしていない方はカウントされていません。つまり、全国通訳案内士試験の合格者数はもっと多くなっています。何はともあれ、この全国通訳案内士試験を受ける方はまずは日本政府観光局が発表しているガイドラインを見ておくことが大切です。このガイドラインで、その年の試験科目や出題傾向、合格基準点などの情報が詳細に記載いるので、必ず一度は見ておきましょう。
<関連情報:通訳案内士試験